社宅で節税

2017年06月20日

 個人事業主が事業を会社形態に移行すると、大きく節税ができます。デメリットもありますが、税金を考えるとほとんどのケースで節税ができます。

 役員報酬の計上が節税代表格ですが、2番手は役員社宅でしょう。個人事業では、自宅の家賃はもちろん経費にはなりません。事務所として使っている部分は、必要経費算入はできますが、完全な住宅では全く経費化はできません。

 法人化するとこれが可能になります。社長の自宅の賃貸契約を法人契約にして、家賃を会社の損金にする、ということができます。でも、これだけではいけません。

 社長は通達で定められた家賃相当額(社宅家賃)を会社に支払う必要があります。社宅家賃の支払いがない場合には、社長に対する給与として扱われて、社長個人の所得税住民税の課税対象となるので注意が必要です。

 

  

 ① 社長から社宅家賃を徴収しなかったとき  →  家賃全額が社長の給与

 ②    社長からの社宅家賃が少なかったとき →  家賃相当額と家賃負担金の差額が社長給与

 

 なお、家賃相当額は、社宅の規模などから細かい規定が決まっていますので、税理士にご相談のうえ、適正に会計処理してください。

 

税理士法人レガート 税理士 土田拓己

 

★私たち税理士法人レガートは、中央区銀座より様々な情報発信をしております!
税務に関するご相談は、お気軽にご連絡ください。
詳しくは 「税務会計顧問サービス」 をご覧ください。

相続・税務・会計に関するご相談・お問い合わせ 無料電話 0120-955-769 電話受付/平日9:15~18:00

レガートへお気軽にお問い合わせください 無料電話 0120-955-769 電話受付/平日9:15~18:00

カレンダー

  • 2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 相続のことならどんな相談でも初回面談無料!相続専門スペシャルサイト!節税のプロがしっかりサポート! 服部誠の税務調査マガジン 税理士法人レガートスタッフブログ
    税理士法人レガート ページ上部へ
    サービスのご案内
    税務会計顧問サービス
    相続申告サポート
    会社設立サポート
    賃貸経営サポート
    クリニック経営サポート
    セカンドオピニオンサービス
    事例のご紹介
    税務会計顧問の事例
    相続申告の事例
    会社設立の事例
    賃貸経営の事例
    クリニック経営の事例
    セカンドオピニオンの事例
    事務所案内
    事務所概要
    ごあいさつ
    ロゴについて
    採用情報
    アクセスマップ
    よくあるご質問
    新着情報
    お問い合わせ