収入制限のあるスタッフの勤務調整

2017年10月12日

 配偶者控除の見直しが決まりました。いわゆる「103万円の壁」の改正です。年間の給与を103万円以下で抑えたいパートスタッフがいる場合、年末近くになると「103万円を超えそうだから出勤できない」といった理由から、年末の忙しい時期に人手が足りなくなる・・ということはなかったでしょうか。

  この「103万円の壁」が来年(平成30年)から「150万円」に引き上げられるため、今まで年間103万円以下に抑えたいというパートスタッフに関しては、年間150万円まで勤務できるようになります。

 

 しかし、150万円という「壁」が存在することには変わりはないため、パートスタッフさんからの勤務時間の調整依頼が発生することは予想されます。

  そのような場合、患者さんの来院数を月別・日別でグラフ化し、閑散期の月や外来が少ない日の傾向(上旬・中旬・下旬)を割り出してみてはいかがでしょうか。そのデータがあれば、勤務時間の調整が必要なときは閑散期に調整してもらうよう、本人の了承の基で勤務時間の調整を行うことが可能になります。

 こうすることで、年末の忙しい時期に「103万円(150万円)を超えそうだから出勤できません」といった事態を回避することができます。

 

 閑散期を知ることで、もう一つ、良い効果が期待できます。それは、他の従業員さんにもこの時期に有給休暇の取得を推奨できることです。

 自院の月別・日別の外来数を一目で分かる工夫をしてみると、いろいろな活用方法が見えてくるかもしれません。

  

税理士法人レガート 税理士 服部 誠

 

★私たち税理士法人レガートは、中央区銀座より様々な情報発信をしております!
クリニックの経営と税務に関するご相談は、お気軽にご連絡ください。
詳しくは 「クリニック経営サポート」 をご覧ください。

相続・税務・会計に関するご相談・お問い合わせ 無料電話 0120-955-769 電話受付/平日9:15~18:00

レガートへお気軽にお問い合わせください 無料電話 0120-955-769 電話受付/平日9:15~18:00

カレンダー

  • 2017年12月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 相続のことならどんな相談でも初回面談無料!相続専門スペシャルサイト!節税のプロがしっかりサポート! 服部誠の税務調査マガジン 税理士法人レガートスタッフブログ
    税理士法人レガート ページ上部へ
    サービスのご案内
    税務会計顧問サービス
    相続申告サポート
    会社設立サポート
    賃貸経営サポート
    クリニック経営サポート
    セカンドオピニオンサービス
    事例のご紹介
    税務会計顧問の事例
    相続申告の事例
    会社設立の事例
    賃貸経営の事例
    クリニック経営の事例
    セカンドオピニオンの事例
    事務所案内
    事務所概要
    ごあいさつ
    ロゴについて
    採用情報
    アクセスマップ
    よくあるご質問
    新着情報
    お問い合わせ