スポーツジムの会費

2017年07月18日

 経営者の皆様は、健康管理も重要な仕事ですね。運動不足の解消のため、スポーツジムも一つの方法です。このスポーツジムの会費を社長の健康管理のためですから、会社の経費に入れたいところです。

 このスポーツジムの会費を経費に入れていたら、税務調査の時に、

『これは社長だけが使っているようですから社長のプライベートの出費になりますね。従って、役員賞与とみなして損金不算入のうえ、社長の個人の所得税の対象とします。』

とされてしまいます。

 

  税理士の間では、法人税の修正と所得税の追加がダブルでかかるので、「ダブルパンチ」と俗に言われています。

  でも、『スポーツジムを法人会員になって経費にしている話、よく聞くぞ』と思いませんか?法人会員になって従業員も自由に利用できる状況であれば問題ありませんが、社長一人しか使えない場合には社長への賞与と言われてしまうのです。

  社長一人で独占しないで、社員全員で使えるようにしましょう。社員全員が使えるようになると管理が必要になりますので、ジムのカードキーや会員証を、社員が申請して貸出するようにしてください。管理簿も作ってだれがいつ使ったか、実績も作りましょう。ここまでくれば、立派な福利厚生です。社員の健康管理のための福利厚生費として損金処理が可能となります。

  これはスポーツジムだけではなく、いろいろなところに応用できると思います。

 

税理士法人レガート 税理士 土田拓己

 

★私たち税理士法人レガートは、中央区銀座より様々な情報発信をしております!
税務に関するご相談は、お気軽にご連絡ください。
詳しくは 「税務会計顧問サービス」 をご覧ください。

相続・税務・会計に関するご相談・お問い合わせ 無料電話 0120-955-769 電話受付/平日9:15~18:00

レガートへお気軽にお問い合わせください 無料電話 0120-955-769 電話受付/平日9:15~18:00

カレンダー

  • 2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 相続のことならどんな相談でも初回面談無料!相続専門スペシャルサイト!節税のプロがしっかりサポート! 服部誠の税務調査マガジン 税理士法人レガートスタッフブログ
    税理士法人レガート ページ上部へ
    サービスのご案内
    税務会計顧問サービス
    相続申告サポート
    会社設立サポート
    賃貸経営サポート
    クリニック経営サポート
    セカンドオピニオンサービス
    事例のご紹介
    税務会計顧問の事例
    相続申告の事例
    会社設立の事例
    賃貸経営の事例
    クリニック経営の事例
    セカンドオピニオンの事例
    事務所案内
    事務所概要
    ごあいさつ
    ロゴについて
    採用情報
    アクセスマップ
    よくあるご質問
    新着情報
    お問い合わせ